ハードディスクの問題が検出されました

意思伝達装置のPCに3日連続で「ハードディスクの問題が検出されました」のメッセージが表示された。

テレビ視聴ソフトXitの録画番組一覧か予約番組一覧、Google Chromeを画面に表示したまま何も操作せずいると、いつの間にか「ハードディスクの問題が検出されました」のメッセージが表示されることが3日連続であった。

その時はシャットダウンしてしまってそれ以上調べなかったが、さすがに3日連続で同じメッセージが出たので気になり、Cドライブのプロパティからエラーチェックを行った。

結果「お使いのドライブは正常にスキャンされました」となり異常は引っかからなかった。

エクスプローラーでCドライブを表示した時に同メッセージが出たので、直後にエラーチェックをしたのに異常が出ない、ハードディスクは正常なのか?

それで昨日エプソンダイレクト テクニカルセンターに問い合わせしたところ、当日回答があった。

ハードディスクに物理的な問題が発生している可能性が否めないから点検と修理を勧める内容で、5年間の「訪問修理」に加入しているので2020年7月6日までに受付を完了した点検と修理は無償にて対応すると、ほぼ予想通りの回答だった。

5年間の「訪問修理」のことは意思伝達装置を購入したアルファテックから聞いていたし知ってもいた。

だが今は時期が悪い。

エプソンのサービスマンに新型コロナウイルスの感染リスクが一般の建物よりも高いと思われる病院に来てもらうのも気が引けるし、もしハードディスク交換になればオペレートナビをインストールするため妻を病院に呼ぶ羽目になる。感染リスクを避けるため、また、間違っても持ち込まないために当分病院に来ない方がいいよと妻に伝えてあるのに。

でも、香川県に新型コロナウイルス感染者が増加したらますます修理を依頼しにくくなる。悩ましい。

幸いメッセージが表示するだけで問題無く使えている。

ハードディスク異常で使えなくなるまでこのまま使うしかないか・・・

Hdd

| | コメント (0)

私、失敗したかもしれません

昨年末までずっとYmobileのAndroidスマホをWindowsパソコンのVysor proで操作してきたが、2年縛りの契約更新月だったのでiPhone7の縛り無しに買い替えた。

私はWi-Fi端末もスマホも常にUSBケーブルを繋ぎっぱなし=充電しっぱなしで使うしかないので、リチウムイオン電池の特性上2~3年で劣化してしまう。

それで今までは2年縛り更新毎に買い替えてきたのだ。

今回iPhoneに変えようと思ったのは、ITC研修会等で紹介される障害者に優しい機能はほとんどiOSのものなので以前から使ってみたかったのと、昨年耳のトラブルで購入した耳の中を見るイヤースコープアプリが妻のiPhoneでは見られたのに私のAndroidでは見られなかったから。

当然iPhoneをWindows10パソコンで操作出来るのをググって、いけそうだと思ったから買い替えた訳だが・・・

初めて知ったがiPhone(iOS)はJailbreak(脱獄)という作業を施しVeencyというアプリからパソコンで操作出来ると複数のサイトに書いてある。
パソコンやスマートフォンからiPhoneを操作する方法! PC画面にiOSをミラーリングしてマウスやキーボードで動かせる [要脱獄]
iPhoneの画面をPCで操作・表示出来るVeencyの使い方 | たかぶろ

で、長年MacとiPhoneユーザーで帰省中の長女に作業を頼んでみた。我が家のリケジョならいちいち説明しなくても私の意図が分かるはずだ。

思った通り何をしたいのかは分かってくれたが、肝心の脱獄がうまくいかないらしい。

買い替えたiPhone7のiOSバージョンは13.1.2なのだが、このバージョンはまだ脱獄アプリが無いらしい。iOSをダウングレードするしかないが、いきなり脱獄アプリのある12.4以前のバージョンにすることは正規の方法では無理らしい。

「一応12.4にダウングレードする裏技を調べてみるけど期待しないで」だって。

Androidもパソコンで操作するには「USBデバッグ」の作業が必要だから、iPhoneの脱獄も似たような作業かと思ったが、全く違うようだ。

iPhoneに買い替える前にもっと詳しく調べたら分かったことかも知れない。

とりあえず一月経てば機種変更出来るのでまたAndroidに戻すか・・・それまでに脱獄出来ればいいが・・・

元々スマホを買ったのは銀行振込のワンタイムパスワードに携帯キャリアのメールアドレスが必要だったからだが、今は家族とのLINEや扇風機・サブパソコンのON/OFFに使う方が多い。

LINEはパソコン版があるからいいが、当面扇風機とパソコンのON/OFFが出来ないのは困るな~

 

| | コメント (0)

4Cが使えそう

私はメインPCとサブPCを1台のモニターで切り替えて使っている。

そのモニター下部にそれぞれのPCにつながる視線入力EyeXを上下に並べて設置しているのだが、メイン側のEyeXが頻繫に断線の現象を示すようになった。

延長USBケーブルを交換したが変わらず。予備のEyeXと交換しても変わらず。どうやらminiBコネクタの接触が悪いようだ。

USB3.0のminiBケーブルなんて国内ではほとんど流通していないから、また米国Amazonから取り寄せることも考えたが価格と時間がかかるので止めた。

それよりも以前購入して使えなかった4Cを使えるようにする方が安くて早そうだ。

というのも日本のAmazonでACアダプタ付5m延長USB3.0ケーブルを見つけてこの延長USBケーブルならいけるかもと思えたからだ。

以前4Cが使えなかった原因が5m延長USBケーブルでの電圧降下や信号の減衰と予想していたのでACアダプタ付なら電圧降下や減衰も改善しているかもと思えた。

「4Cに延長ケーブルは駄目なのか?: @Voice」
http://voice.txt-nifty.com/blog/2017/04/c-2706.html

思った通り4Cの赤いLEDは点灯するし、HeartyAiも一応動くようだ。

「一応」と付けたのはEyeXと動作が違うから。

EyeXではタスクトレイのアイコンをクリックした時に表示される画面でoffに設定しても(赤いLEDが消灯していても)HeartyAiを起動すれば連動してLEDが点灯し使うことが出来た。HeartyAiを終了したらEyeXのLEDも消えて便利だった。

ところが4CではoffにしているとHeartyAiは視線装置異常で起動出来ない。HeartyAiはonにしないと使えないのだ。

これは仕様だろうか?

まあ私のように上下に視線装置を連ねて使っている人でなければ視線装置同士の干渉を気にする必要もないから関係無い話だが。

| | コメント (0)

転ばぬ先の杖

10月11日再度SSDを交換した後2週間あまりかけて徐々にソフトを追加していっている。

オペレートナビTT3だけをインストールした状態でWindows10のバックアップ機能を用いてイメージを外付けハードディスクに保存した。

そのあとバックアップソフトをインストールして何個かソフトをインストールするたびに内蔵ハードディスクと外付けハードディスクにCドライブ丸ごとバックアップを取るようにしている。

今のところ必要なソフトの8割ほどインストールしているが、今後何か動作がおかしくなればUSBメモリーに作成した起動メディアを用いて正常動作の頃に復元できるらしい。

今回システムまで復元できるとうたうバックアップソフトをAmazonのダウンロードソフトでいろいろ検討してみたが、はっきり言って違いがよくわからん。

この手のバックアップソフトの必要性は今回のトラブルで身に染みたからとりあえず安めの「ファイナル丸ごとバックアップ」を使ってみることにした。

このソフトの実力が分かるのはメインPCの動作がおかしくなった時だが、いつになることやら・・・

まあその時の準備は一応出来ている、としておこう。

何度かメインPCのCドライブのバックアップをしているうちに、サブPCやノートPCもバックアップソフトが必要な気がしてきた。

もう1台くらい別のバックアップソフトを試してみる気になっている。

| | コメント (0)

勘弁してくれよ

10月1日やっとエプソンのサービスマンが来てメインPCの修理を行った。

メインPCの修理をしながら私に質問するときはモニターをサブPCに切替え私の打ち込む文字を読んでもらうのだから多少時間はかかる。

それは申し訳ないと思うが、仕事(修理)はちゃんとやってもらわねば困る。

結局3時間40分かけてSSDとメモリーを交換しWindows10をインストールした。

1日の作業はここまで。後は6日に運営委員会と茶話会に参加するため来てくれる妻に、茶話会のあとオペナビをインストールしてもらうことにした。

で6日。オペナビとCX-ONEをインストールしてもらった後エクスプローラでCドライブを見てみると何故か空き容量が10%くらいしかない。

Windows10とオペナビ、CX-ONEしか入れてないのにそんなあほな・・・と容量を見ると39.9GB

Ssd1

ん?・・・たしか256GBのSSDだったはず。

どうやら1日にSSDを交換した時に間違えられたようだ。

またSSD交換からやり直さないといけない。

勘弁してくれよ

| | コメント (0)

PCが起動できない

今週の月曜日23日、先日OSをWindows10にしたメインPCが起動できなくなった。

自動修復「PCが正常に起動しませんでした」と表示され「再起動」を選択しても再び自動修復画面になる

Windows10が起動せず、自動修復を繰り返す時の対処法 - Rene.E Laboratoryによるとコマンドプロンプトから対処する方法があるようだが、これまでもWindows10が起動するのに15分くらいかかるときがたまにあり(通常は1~2分)SSDが悪い可能性もあると思いエプソンに修理依頼することにした。

翌24日エプソンに「訪問修理」の依頼したら25日に回答があり、何度かメールのやりとりで10月1日に病室に来てもらい修理することになった。

正直に言えば火曜日に修理依頼して対応が1週間後とは遅いと思うが、エプソン側の事情もなんとなく分かるし、当面はサブPCがあるので日常生活は困らない。それで納得した。

「訪問修理」は初めてだ。さて、どんなものか・・・

| | コメント (0)

トラブル続き2

つづき

しばらくはWi-Fi子機でインターネット接続できていた。

その間にOffice2016をダウンロードしPowerPointのスライド作成に取り掛かった。

もちろんその間メールのやり取りもできていた。

ところが27日メインPCを起動して以降タスクトレイのWi-Fiアイコンに黄色の×が付きインターネットに接続できなくなった。

サブPC用のWi-Fi子機と交換しても変わらず。

Pocket WiFi 603HW を直接つないでもだめ。(今冷静に考えるとドライバをインストールできていないからなのだが、当時は気がつかなかった)

それでメールチェックするために1日数時間サブPC(Windows8.1、PowerPoint無し)に切り替えることを9/7まで続けた。

サブPCの間にドコモに問い合わせたら、常時PCとUSBケーブルで接続し充電しっぱなしだと、リチウムイオン電池は劣化が早まりその際膨らむことがあるが発火とかは無いとの回答。
https://www.nttdocomo.co.jp/support/safety/battery/

このまま使えるかは現物を見ないと分からないので近くのドコモショップに持ち込んでだと。

だから妻に端末を取りに来てもらい職場近くのドコモショップに持ち込んでもらった。

そしたらこの端末はもう販売してなくて電池パックも販売していない。電池パックをネットで探すか新しいWi-Fi端末を購入するかと言われたそうだ。

この端末は昨年8月ドコモオンラインショップで購入したものだが、たとえ端末の販売が終了したとしても電池パックの販売がこんなに早く終了するのは有り得ないと思い、再度ドコモに問い合わせた。

そしたら

「Wi-Fi STATION N-01J」は、現在も発売中の機種です。

また、「電池パック N39」を含む「Wi-Fi STATION N-01J」の
オプション品の販売終了時期は2022年12月を予定しております。

と回答が。

おいおい、しっかりしてくれよ兵庫町店!

既に妻がヤマダ電機の携帯ショップでN39と互換性のある電池パックを注文しており昨日の夜持って来てくれた。

やっとメインPCのインターネット接続が復活した。

さて、今回の原因となった常時PCと接続している状況だが、一時はスマートタップで充電オンオフをスマホ操作しようと考えた。しかしバッテリー残量を見るために端末をモニター画面周囲に置かねばならず、置けたとしても端末の液晶画面にタッチできない私には残量を見られないことに気が付き止めた。

結局電池パックを消耗部品として予備電池パックを備えておくしかなさそうだ。

| | コメント (0)

トラブル続き1

話は先月24日(土)にさかのぼる。

この日は運営委員会と茶話会があるので妻に来てもらっていた。

病室に戻ってから妻に、メインPC(EPSON MR8000)のOSをWindows7からWindows10に変更する作業をしてもらった。

マニュアル「Windows 7 Professional(Windows 10 Pro64bit ダウングレード)モデルをお使いの方へ」の「OSをWindows10に変更する」に従いリカバリーDVDを用いてWindows10をインストールした。
しかし、黒背景に
Reboot and Select proper Boot device
or Insert Boot Media in selected Boot device and press a keyと表示されWindows10が起動しない。

UEFIの設定がまずいようだ。それで「ユーザーズマニュアル」の「設定値を元に戻す」Load Setup Defaults(UEFIの初期値に戻す)を行った。

しかし、同じ表示となりその日の作業は諦め妻には帰ってもらった。

私はといえばサブPCでエプソンに訪問修理を依頼した。

このPC購入時5年間の訪問修理保証に入っていたので、リカバリー失敗した場合も対応してくれるかもと思ったのだ。

26日(月)18時頃エプソンから回答メールがあり、それによるとリカバリー失敗は対応外だそうだ。やっぱりそうか。

有償対応になりPCを送る必要がある。

時間に余裕があればそれでも良かったのだが、あいにく急いでWindows10にしたい事情があった。9/8に行う発表用の資料をPowerPointとHeartyPresenterで作りたかったのだ。

PowerPointはWindows7でも動くがHeartyPresenterは動かないから。

それでエプソンの回答にあった対処方法をしてもらうため20時頃から妻に来てもらった。

・[UEFI Setup ユーティリティー]-[Security]メニュー画面-[Secure Boot]:「Enabled」
・[UEFI Setup ユーティリティー]-[Boot]メニュー画面-[Boot Settings Configuration]:「UEFI boot」

この作業で無事にWindows10がインストールでき、次にオペレートナビTT3をインストールしてもらった。

後は自分でこつこつ必要なソフトをインストールしていけばいいかとほっとしたところ、妻がメインPC用ドコモのWi-Fi STATION N-01Jの電池パックが膨らみ蓋が閉まらないことを見つけた。

以前Wi-Fi端末のバッテリーから発火があったと聞いたことがあり、このままPCにつなぐのはヤバイと止めた。

1 2 3

それでサブPC用ワイモバイルPocket WiFi 603HW につなぐWi-Fi子機をメインPCにつなぎ何とかインターネットにつなげるようにした。

つづく

| | コメント (0)

Windows 7 のサポートが終了に近づいてきました

先日マイクロソフトから「Windows 7 のサポートが終了に近づいてきました」というメールが届いた。

Windows 7 のサポートは、2020 年 1 月 14 日に終了するが、サポート終了したらセキュリティー上問題があるから早めにWindows10に変えてねってことだ。

私はWindows10からダウングレードしたWindows7パソコンをメインに使っているが、昨年購入したころは今年の秋くらいALS協会香川県支部の行事が無い時期にWindows10に戻すつもりでいた。

それまでは慣れたWindows7を使い続けたかったのだ。

車椅子で使っているノートパソコンはWindows10だが、どうもWindows7並には使い切れていない。

たぶん慣れの問題だと思うが、どうも私は新しいWindowsを使うことに抵抗を示す気が有るようだ。

その気はパソコン(Windows)操作にも言えてて、一つのスイッチでWindows操作できる無料のHeartyLadderがあるのに、やっぱりXPの頃から使っている有料のオペレートナビ(Windows10用はオペレートナビTT3)を使い続けることにし、Windows10に戻すパソコン用に消費税が上がる前に購入した。

やはり簡単にアブリに応じたキーボードを機能は私にとって有料でも外せないのだ。

HeartyLadderも以前より簡単にパネルを作れるHeartyPanelMakerがリリースされたようだから購入が早かったかも・・・

まあ使い慣れたオペレートナビで良いか。

でも視線操作はWindows10の視線操作機能ではなく、無料のHeartyAiにするつもり。これは使い慣れていることはもちろんだが、同じ病棟でWindows10の視線操作機能を使っている患者さんからトラブルを聞いたから。

秋に予定していたOSをWindows7からWindows10への変更、8月中にした方が行事的に良いかもしれない。

となればマニュアルを読んで私のパソコンに合った手順書を急いで作らねば・・・

| | コメント (0)

新オペレートナビメーリングリスト

サーバーを【ALLSERVER.JP】に変えて新しいオペレートナビメーリングリストを開始した。

招待メールを送るため以前のfreemlの管理者メニューからメーリングリスト一覧を取り寄せようとしたが一向に送られてこない。準備でき次第送るそうだが手作業だろうか?

20190702203851

65人程度ならメンバー一覧をコピペしメールアドレスだけを抜き出した方が速い。

20190702204405

6月末抜き出したアドレスに招待メールを送ったが今のところ参加者は15人ほど・・・

まあ何かトラブルが起きないと参加してくれないか・・・

サーバー変更に合わせてホームページも少し変えた。

といってもメール画面の画像等を現状に合わせたのと幅を広くし背景を白にしただけだが。
以前のホームページ

| | コメント (2)

より以前の記事一覧