« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

PCが起動できない

今週の月曜日23日、先日OSをWindows10にしたメインPCが起動できなくなった。

自動修復「PCが正常に起動しませんでした」と表示され「再起動」を選択しても再び自動修復画面になる

Windows10が起動せず、自動修復を繰り返す時の対処法 - Rene.E Laboratoryによるとコマンドプロンプトから対処する方法があるようだが、これまでもWindows10が起動するのに15分くらいかかるときがたまにあり(通常は1~2分)SSDが悪い可能性もあると思いエプソンに修理依頼することにした。

翌24日エプソンに「訪問修理」の依頼したら25日に回答があり、何度かメールのやりとりで10月1日に病室に来てもらい修理することになった。

正直に言えば火曜日に修理依頼して対応が1週間後とは遅いと思うが、エプソン側の事情もなんとなく分かるし、当面はサブPCがあるので日常生活は困らない。それで納得した。

「訪問修理」は初めてだ。さて、どんなものか・・・

| | コメント (0)

透明文字盤の使い方

9月8日かがわ総合リハビリテーション福祉センターで行われた「ITサポーター養成講習会」で透明文字盤の使い方について発表してきた。

このテーマについては私のホームページでも取り上げた経験があったのでPowerPointのスライドをどのようなストーリーで作ればいいのか分かっているつもりだった。

当初はスライドに載せる文字盤の図作りを入れても2週間もあれば余裕で出来る予定だったのだが、メインPCのトラブルでやることが予定外に増え余裕どころではなくなってしまった。

かがわ総合リハビリテーション福祉センターの担当からの依頼では、15分で文字盤の使い方を説明して欲しいとのことだったので、簡略して作ったつもりだったが、HeartyPresenterで実行してみると17分40秒とかなりオーバーしていた。

15分の2分40秒オーバーとなるとトーカー(イチローを選択)をかなり早口でトークさせねば収まらない。結果トークを聞き取れないなんてことも十分ありうる・・・

考えた末シナリオを削ることにした。

もともと簡略したシナリオだったが、例を二つ挙げたところを一つにする、丸丸項目をカットして13分42秒。ちょっと削りすぎた・・・

まあ、プロジェクターとノートPCの接続もあるし、ちょうどいいかも。

今回も重度障害者向けプレゼンテーションシステムHeartyPresenterでPowerPointのスライドを動かし、シナリオを読み上げさせてもらった。

以前のバージョンでは二つのモニターを標準的な使い方としていましたが、今回のバージョンアップでモニター一つの使い方も使いやすくなっていて、今回の依頼のような短時間のプレゼンにはちょうどいい

結果的に会場ではHeartyPresenterを使用せず、事前に録画したHeartyPresenterのプレゼン動画を再生することになったが、どうせ動画にするならスライドの図をアニメーションで動かせばもっと分かりやすく出来たな~と今になって思う。

トークとアニメーションのタイミングを合わせるのが大変そうだが、音声を分けて動画編集した方が早いかも?

音声合成の声(イチロー)はMicrosoftの仕様なので、HeartyPresenterにはどうしようもないと思うが、思った通り出力されない時は漢字を平仮名に直したり、イントネーションがおかしいときも片仮名や平仮名に直す手間が必要なのは何とかならないものか?

その動画をYouTubeにUPした。
https://youtu.be/oInxpdofMRg

| | コメント (0)

「きぼう」8号発行

8月末のバタバタで紹介するのが遅れてしまったが、私が所属する日本ALS協会香川県支部が支部機関紙「きぼう」8号を発行した。

その中に徳島大学神経内科の和泉先生の講演「ALSが治療可能な病気になるために」ということで、現状行われている治療や治験について話されたことを和泉先生の校正を受けて載せている。

香川県支部のホームページにも載せているが、きぼう8号の5ページ以降に講演会の内容をまとめて載せているので、ALSにかかわる方にはぜひ目を通して頂きたい。

 「きぼう」8号

| | コメント (0)

トラブル続き2

つづき

しばらくはWi-Fi子機でインターネット接続できていた。

その間にOffice2016をダウンロードしPowerPointのスライド作成に取り掛かった。

もちろんその間メールのやり取りもできていた。

ところが27日メインPCを起動して以降タスクトレイのWi-Fiアイコンに黄色の×が付きインターネットに接続できなくなった。

サブPC用のWi-Fi子機と交換しても変わらず。

Pocket WiFi 603HW を直接つないでもだめ。(今冷静に考えるとドライバをインストールできていないからなのだが、当時は気がつかなかった)

それでメールチェックするために1日数時間サブPC(Windows8.1、PowerPoint無し)に切り替えることを9/7まで続けた。

サブPCの間にドコモに問い合わせたら、常時PCとUSBケーブルで接続し充電しっぱなしだと、リチウムイオン電池は劣化が早まりその際膨らむことがあるが発火とかは無いとの回答。
https://www.nttdocomo.co.jp/support/safety/battery/

このまま使えるかは現物を見ないと分からないので近くのドコモショップに持ち込んでだと。

だから妻に端末を取りに来てもらい職場近くのドコモショップに持ち込んでもらった。

そしたらこの端末はもう販売してなくて電池パックも販売していない。電池パックをネットで探すか新しいWi-Fi端末を購入するかと言われたそうだ。

この端末は昨年8月ドコモオンラインショップで購入したものだが、たとえ端末の販売が終了したとしても電池パックの販売がこんなに早く終了するのは有り得ないと思い、再度ドコモに問い合わせた。

そしたら

「Wi-Fi STATION N-01J」は、現在も発売中の機種です。

また、「電池パック N39」を含む「Wi-Fi STATION N-01J」の
オプション品の販売終了時期は2022年12月を予定しております。

と回答が。

おいおい、しっかりしてくれよ兵庫町店!

既に妻がヤマダ電機の携帯ショップでN39と互換性のある電池パックを注文しており昨日の夜持って来てくれた。

やっとメインPCのインターネット接続が復活した。

さて、今回の原因となった常時PCと接続している状況だが、一時はスマートタップで充電オンオフをスマホ操作しようと考えた。しかしバッテリー残量を見るために端末をモニター画面周囲に置かねばならず、置けたとしても端末の液晶画面にタッチできない私には残量を見られないことに気が付き止めた。

結局電池パックを消耗部品として予備電池パックを備えておくしかなさそうだ。

| | コメント (0)

トラブル続き1

話は先月24日(土)にさかのぼる。

この日は運営委員会と茶話会があるので妻に来てもらっていた。

病室に戻ってから妻に、メインPC(EPSON MR8000)のOSをWindows7からWindows10に変更する作業をしてもらった。

マニュアル「Windows 7 Professional(Windows 10 Pro64bit ダウングレード)モデルをお使いの方へ」の「OSをWindows10に変更する」に従いリカバリーDVDを用いてWindows10をインストールした。
しかし、黒背景に
Reboot and Select proper Boot device
or Insert Boot Media in selected Boot device and press a keyと表示されWindows10が起動しない。

UEFIの設定がまずいようだ。それで「ユーザーズマニュアル」の「設定値を元に戻す」Load Setup Defaults(UEFIの初期値に戻す)を行った。

しかし、同じ表示となりその日の作業は諦め妻には帰ってもらった。

私はといえばサブPCでエプソンに訪問修理を依頼した。

このPC購入時5年間の訪問修理保証に入っていたので、リカバリー失敗した場合も対応してくれるかもと思ったのだ。

26日(月)18時頃エプソンから回答メールがあり、それによるとリカバリー失敗は対応外だそうだ。やっぱりそうか。

有償対応になりPCを送る必要がある。

時間に余裕があればそれでも良かったのだが、あいにく急いでWindows10にしたい事情があった。9/8に行う発表用の資料をPowerPointとHeartyPresenterで作りたかったのだ。

PowerPointはWindows7でも動くがHeartyPresenterは動かないから。

それでエプソンの回答にあった対処方法をしてもらうため20時頃から妻に来てもらった。

・[UEFI Setup ユーティリティー]-[Security]メニュー画面-[Secure Boot]:「Enabled」
・[UEFI Setup ユーティリティー]-[Boot]メニュー画面-[Boot Settings Configuration]:「UEFI boot」

この作業で無事にWindows10がインストールでき、次にオペレートナビTT3をインストールしてもらった。

後は自分でこつこつ必要なソフトをインストールしていけばいいかとほっとしたところ、妻がメインPC用ドコモのWi-Fi STATION N-01Jの電池パックが膨らみ蓋が閉まらないことを見つけた。

以前Wi-Fi端末のバッテリーから発火があったと聞いたことがあり、このままPCにつなぐのはヤバイと止めた。

1 2 3

それでサブPC用ワイモバイルPocket WiFi 603HW につなぐWi-Fi子機をメインPCにつなぎ何とかインターネットにつなげるようにした。

つづく

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »