« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

第16回讃岐うどんの会2日目

21日(日)第16回讃岐うどんの会2日目、讃岐うどんの会2日目はいつからかパソコン周りの作業をお願いする日になっている。

特にここ数年は妻では対応が難しいオムロン製PLCの配線や変更をお願いしている。

今回はナースコール用誤作動防止出力配線の変更とメインパソコンの起動ボタンをオスイッチで機械的に押してメインパソコンを起動させる出力配線を作ってもらった。

Kimg1345

Kimg1331

Kimg1347



それに3台のパソコンに接続しているUSBやHDMIコネクタの接続先を記載したラベルを貼り付けてもらった。

私の分かりにくい作業のお願いを想像力を働かせて「こういうこと?」「え~?」「船頭多いゾー」などと言いながらワイワイ話しながらやってる様を見てると、なんか研修の実習のようで楽しくなってくる。

実習と違い子供の進路や就職の話をしながら&愚痴りながら楽しい時を過ごした。

私もこの会に合わせて何をやってもらおうかと考え、そのためのシーケンス(ラダー)を考えるのだが、今回の作業でやりたかったことを実現してしまったので次回は作業は無くダベリだけに戻るかも・・・

でも、そうなると身に付いてないPLCの操作を忘れるナー。

愛知から参加のAさんはいつも大量の写真を撮ってくれる。

1日目の外出が終り病室で分かれた以降の写真も撮ってクラウドに上げ、メンバーと共有してくれるのだが、居酒屋での楽しそうな写真を見るにつけ自分も遠隔で参加したいと思うようになった。

以前通信機能とカメラ機能を持ったロボットを居酒屋に持ち込んでもらい、私のパソコンとロボットを接続し居酒屋の雰囲気を味わおうとレンタルの問い合わせしたこともあったのだが、そのときはかなわなかった。

今回の居酒屋の写真を見て、他の方法も含め雰囲気を味わえる方法を探してみようと思う。

| | コメント (0)

第16回讃岐うどんの会1日目

20日(土)各地から同期入社の友人達が集まってくれる第16回讃岐うどんの会1日目が開催された。

今回の外出予定は

10時45分:介護タクシー
11時30分:集合 コトデン高松築港駅
12時30分:めりけんや かけはし店http://www.shikoku-np.co.jp/udon/shop/649
13時15分:与島PA
14時45分:瀬戸大橋記念公園
16時45分:高松医療センター

ということで、深夜2回目の体位交換をいつもより1時間早い5時にすませ、昼食用の注入食と白湯を9時に入れた。

これがまずかったのかもしれない。早すぎた。

いつもは3~4時間毎に水分を入れているがこの日水を入れたのが14時半。

A

その上、この日は風は冷たいものの日差しは強く日向で風が無ければ暑いと感じるほどだった。

おそらく水分摂取が遅れたことが原因と思われるが、いつもの外出の数倍気管の痰が多く、唾液も粘度が高くスライムみたいだった。

今回の外出では恒例になりつつあった呼吸器や車椅子のトラブルは発生せず、私の体調以外トラブルは無かった。

今回も「めりけんや かけはし店」でうどんの汁をシリンジで少し口に入れてもらい味わったが、妻の好みの生姜をいっぱい入れたせいか唾液がスライムのせいか、私には辛かった。(T_T)

ともあれ昨年から参加しているWheelog!(ウィーログ!)に車椅子で行けるスポットとして登録した。

Screenshot1540048933364_2

羽田組の飛行機が遅れ電車や車組との合流が遅れたこともあり予定を変更し先に瀬戸大橋記念公園に散歩に行った。

それにしても良い天気だ。橋の景観もよく見えた。

5年前(2013年)に来たときよりも木が大きくなった気がすると誰かが言ったが私もそう思う。

B

C


与島PAに着いた15時すぎにはさすがに冷えてきた。

展望台もさすがの景観だったが、展望台へのスロープをなだらかな方を選ばず、なぜか急な方を選んだ友人達。

D

やはり出てきた腹を気にして運動したいのか?

無事に病室に戻ってきて思ったことだが、今日は痰が多く疲れたがやはり日光を浴びるのは気持ちがいい!

なんか光合成すら出来そうだ。

| | コメント (0)

ネット中継「ALS治療研究講演会」

今日の12:30から行われた北海道からのネット中継「ALS治療研究講演会」を視聴した。

講演内容は素人には難しく、ネットニュース等で見聞きしたことがあるものの内容はまったく分からないTDP-43やなんちゃら抗体など医療専門用語のオンパレードで、私も事前のネット情報を見ていなければ何についての話かすら分からなかったかもしれない。

そもそも事前にネットニュースでALS治療の情報を得ていたからこそ、特に延命ではなく根治の可能性が見えた滋賀医科大学の漆谷真先生の話が聞きたかったのだ。

今回のネット中継は思ったより視聴者が少なかったが、皆さん知らなかったのだろうか?
ネット中継に関して、画面の構図は見やすかったと思うが、音声は若干ハウリング気味?なのか聞き取りにくかった。

これで視聴を止めた方もいるかもしれない。

のべ視聴者は不明だが、同時視聴が最大16人とはあまりにも少なすぎ。

ALS治療研究に関する話がそんなに興味のないものとは思えないのだが・・・

PR不足なのか?

また、質問等チャットに参加しようとするとログインを求められるが、これも事前に知らされていないと戸惑うと思う。

事前にYouTubeの無料アカウントを取得すればいいだけのことなので、事務局の方にはネット中継のPRと共にYouTubeアカウント取得もPRしていただけるとチャット参加者も増えると思う。
20181013145745

| | コメント (0)

缶コーヒー飲み比べ

私は水曜日と金曜日に摂食訓練をしている。

最近は185gの缶コーヒーをシリンジに入れてもらい約10分掛けて飲んでいる。

シリンジは約2ccずつ押し入れてもらう。

私は喉頭摘出手術を受け気管と食道を分離しているので誤嚥の心配は無いが、まだ食道が十分開かないのでゴックンのときコーヒーが口からあふれ出るのが難点だ。

以前はゴックンのとき鼻に逆流することが多々あったが、新たに逆流しにくい体勢を見つけてからは逆流するこもほぼ無くなった。

ほぼというのは首の後ろに入れる枕の位置が少しズレただけで逆流してしまい、調整が難しいのだ。

それでも回数を重ねる度に自分でも逆流しない枕の位置がなんとなく分るようになった。

鼻に逆流してたときの不快さがあってでもコーヒーを味わえる摂食訓練は楽しみだったが、逆流がほぼ無くなった今は摂食のコーヒーは楽しみしかない。

今の私の状態は鼻をつまんでコーヒーを飲んでいるようなもので、鼻呼吸してた頃ほど味を感じる訳ではないが、各缶コーヒーの味の違いは分る。

今はアマゾンのパントリーでいろんな缶コーヒーを買って飲み比べをしているところだが、今のところ昔からあるダイドーのブレンドコーヒーが一番私の好みだ。
20181010153330

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js" class="wysiwyg-script"></script>

<script class="wysiwyg-script"> (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); </script>

| | コメント (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »