« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

後輩サービスマン

今日の夕方病室のエアコンをメーカーのサービスマンが見に来た。つまり、私の後輩だ。この酷暑の中、以外と早かった。

今回は事前に看護師さんから知らされていたのでカーテンを開けておいてもらった。

天井の蛍光灯が眩しくて細かいところは見えなかったが、なんとなく何をしているのかは分る。

どう見ても2502エラーが出た原因を1時間近くも探しているように見えた。

おそらくメーカーへ依頼したゼネコンか工事店か代理店からも、病院の話をした人からも、昨日ドレンパンを掃除したから今日いくら点検しても、原因は分からないことが伝わっていないのだろう。

願わくは今日作業に来たサービスマンが原因不明の未完とせず、点検実施の完了として作業報告書をあげてほしいものだ。

私が現役の頃もサービスマンを派遣してコストはかかっているのに未完で請求できず困ったことがあるので、連絡先が分る現役の社員に連絡してあげようと思う。

| | コメント (0)

総務の職員さんgood job!

昨日昼過ぎから暑いなーと思ったら病室の天カセエアコンが赤いランプが点滅し停止しているらしい。故障だ。

これでも元病室に設置されているエアコンメーカーのサービス担当だったから、エラーコードによっては私が指示すれば直るかもしれないと思いナースセンターにあるはずの集中管理リモコンかグループリモコンに表示されているエラーコードを教えてと日勤担当の看護師さんに依頼したのだが、どうやら忘れて帰ったようだ。

しかたなく準夜の看護師さんに依頼すると見てきてくれ2502と分かった。

さすがにエラーコードは覚えてないのでネットで調べるとドレン排水の異常と分かった。

これなら病院の施設担当でも直せる可能性がでてきた。おそらく病院は病棟増設時のゼネコンかエアコンの工事業者に修理依頼をするだろうが、連日猛暑日や熱帯夜が続いていることを考えると、どこに依頼してもエアコン修理の業者が来れるのは早くても2・3日後だろう。

思った通り業者は今日は来られないそうで、エラーコードから処置の仕方を教えてくれたそうだ。どこの業者か知らないがエラーコードを調べて処置をエンドユーザーに教えられるとはそこそこ技術はあるのかもしれない。故障は何でもかんでもメーカーに丸投げという業者を多く見てきた勘だが・・・

夕方病院の総務の職員が来て、天カセの化粧パネルを外してドレンパンも外して掃除したようだ。2502の処置としては正しい。

らしいというのは、カーテンに遮られ直接その作業を見てないから。

どうやらドレンパンを外す時大量の水を職員の方が被ったのが分かった。

私が指示していたらそこには大量の水が溜まっていることを教えてあげたのに・・・

そもそも私が指示するなら、化粧パネルやドレンパンを外す前に、天井の点検口からのドレンパンの汚れチェックをお願いしたと思う。その結果ドレンパンを外す必要があるかもしれないし、無いかもしれない。

汚れの判断は職員では無理か?やはり最初からドレンパンを外した方が良い・・・

エアコンの使われ方というかエアーフィルターの清掃頻度を見ると、他の病室も汚れがドレン排水を邪魔し遠からず同じ故障が発生するだろう。

それにしても、私が現役の頃は病院の施設担当やボイラー室の担当の方は割と病室の空調機の作業を日常的にされることもあったのだが、この病院では事務職員の総務の方がやられるようだ。

最近のパッケージエアコンはメンテナンス面も考慮して作られているから、事務職員でもドレンパンまで外すことが出来るわけか・・・水を被るが・・・

何にしても、扇風機ではこの暑さを何日もしのぎきれないので、総務の職員さんgood job!

| | コメント (0)

テープ起こし中

先月24日私が所属する日本ALS協会香川県支部の総会と交流会が開催された。

交流会では「私の療養生活」というテーマで私を含め3名が発表を行った。

私はPowerPointで録音したオペナビ音声を再生して発表を行ったが、もう一人の患者はスピーチカニューレで約30分自分の声で発表を行った。

私はその発表を機関誌に載せるため、7月に入ってからほぼ毎日2~3時間スピーチカニューレの患者が発表した内容をテープ起こししている。

始めの10分くらいまでは割とスムースに進んだのだが、さすがに10分過ぎると発音に使う口周りの筋肉が疲労したのか、痰が発音の邪魔しているのか、徐々に聞き取りにくいフレーズが増えてきた。

あと残り10分、何とか今週中に終わらせて、来週には3人目の家族の発表のテープ起こしに入りたいのだが、間に合うか?

| | コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »