« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

ノートパソコンを買った

台風が来る前の21日(土)に妻に来てもらって新しく購入したノートパソコンのWindows10セットアップとオペレートナビTT2からTT3への無料アップクレードをやってもらった。

それからいつもメインで使っているWindows7デスクトップPC用モニターに外部出力のHDMIケーブルを接続してもらった。

モニターには視線入力装置EyeXを取り付けてあるので、EyeXとノートパソコンをUSB3.0ケーブルで接続してもらった。

ここまでしてもらえば後は自分で出来る。

翌日の日曜日、世間は台風と衆議院選挙で大わらわの中、病室にに籠もり雨風の状況が分からない私は外部モニターでの視線操作に取りかかった。

(ちなみに衆議院選挙は18日に期日前投票&代理記入で済ませている。)

当初は外部モニターを複製設定ですんなりいくと思っていたが、いざEyeXのドライバをインストールした後通常ならユーザー設定、キャリブレーション画面と移るのだが、キャリブレーションの前に画面のエラーが出て止まってしまった。

それで外部モニター(2)を拡張設定しメインに設定したらキャリブレーションが出来るようになった。

20171022133938

まあこれは実際にEyeXを取り付けてるのは外部モニターなのでこの動作は分かる。

分からないのは後日メインをノートパソコン(1)に設定してもちゃんと視線操作出来るようになったことだ。当然複製設定しても出来る。

まあ外部モニターを使うのはノートパソコンに直接EyeXを取り付けて設定する時間が取れないからで、実際にノートパソコンを使う場面は車椅子なので外部モニターは関係なくなるからいいか。

ノートパソコンに外部モニターを使ったのは初めてなのでよく分からないが、視線操作のマウスポインタの位置がちょっとズレてるようだ。

オペレートナビのキーボードの位置もズレてるようだし、これって外部モニターをつないだ影響だろうか?

まあ直接ノートパソコンを操作してみれば分かることだ。

| | コメント (0)

スマホの機種変更

スマホの機種変更を行った。

機種変更しようと思ったのは、私が以前のスマホを契約した後発売された安いプランに変えたかったのと、メーカー(または、Androidバージョン)を変えればパソコン(Vysor)で操作できなかったカメラ等のアプリが操作出来るかもしれないと思ったからだ。

あんのじょう以前の京セラ製404KC Android4.4ではできなかったVysorでのカメラ操作が新しいシャープ製507SH Android7.1できた。

これは良かったのだが、404KCではパソコンのエクスプローラーでスマホ内のファイル操作ができたのだが、507SHはエクスプローラーでファイルやフォルダが表示されない。

私がスマホを持つようになったのは、ネットバンキングでの振込に携帯電話やスマホのメールアドレスがワンタイムパスワードの受信に必要になってしまったからだが、長女が社会人になった今は仕送りの振込もなくなり、スマホはALS協会の会合を撮ったり私が見えない所を撮ってもらったり、ほぼカメラとしか使っていない。

だから撮った写真や映像を見るのにエクスプローラーが使えるのは便利だったのに・・・

これからは撮った写真をいったんGoogleドライブにアップロードしてからでないとパソコンの大画面で見られないということか・・・

オペレートナビでもHeartyAiでもピンチ操作は出来ないので、どうしてもパソコンの大画面でないと写真は見えないのだ。

Screenshot1508156943013

| | コメント (0)

ICT支援技術研修会

昨日の体育の日かがわ総合リハビリテーション福祉センターで行われた「ICT支援技術研修会」に、私が所属している日本ALS協会香川県支部も協力しているので、支部長夫妻と共に参加してきた。

この研修会では文字盤や口文字のローテクを使ったコミュニケーション方法やパソコンやiPhoneを使ったハイテクのコミュニケーション方法まで講義が行われるが、実際に活用している患者の立場で文字盤の読み取り実践やパソコン操作を見てもらう形で協力した。

Kimg0812

Kimg0816


昼休みに車椅子を移動させたさいACアダプターのコードを引っ張ってしまったのか断線し、オペレートナビを操作するタッチスイッチが作動しなくなってしまった。

幸い別のACアダプターがあったので午後からのパソコン操作(オペレートナビ操作)披露には間に合った。

パソコン関係のトラブルは他にもあり視線操作の講義の時私は視線入力装置4Cを接続したのだが、どうもこのUSB接続が安定しない。

まあイーモバイル(現Ymobile)のデータカードを買ったときおまけで付いてきたLenovoだから品質はこんなものかもしれない。

ほぼ毎月車椅子に乗る機会があるし、そろそろ日本製ノートパソコンを買い時かもしれない。

トラブルといえば車椅子の呼吸器台が落下し外部バッテリーが載せられなくなってしまった。

幸い外部バッテリーは台車に載せることで事なきを得た。

研修会の話に戻るが、今回iPhoneというかiOSの福祉機器としての完成度に驚いた。

標準仕様で専用インターフェイスが必要とはいえ1スイッチで操作出来るようになっているなんて!

このiOSの話を聞いて思ったのだが、米国では誰でも操作出来るように国が制度で規制しているのだとしたら、GoogleのAndroidにも同様機能があるのだろうか?

そういえば今までこの種の研修会ではiOSの話ばかりでAndroidの話を聞いたことが無かった。

もしかしてタックスヘイブンやケイマン諸島の関係のせいだろうか?でもそれならアップルもだしな・・・

今度Androidのことも聞いてみようと思う。

Kimg0828

| | コメント (0)

車椅子の背中の汗対策

昨日の体育の日かがわ総合リハビリテーション福祉センターで行われた「ICT支援技術研修会」に参加してきた。

朝から8時間にも車椅子に乗るとなると背中の汗が心配だったので、今回は車のシート用の汗対策グッズを取り付けてみた。

Kimg0791


これはALS患者専用メーリングリストで背中の汗対策を相談したら車のシート用にそれらしいのがあるとのアドバイスを得、Amazonで買ってみた。

使ってみた結果、前半までは腰当て部分が気持ち良かったのだが動かないまま6時間も経つと腰当て部分が痛くなってしまった。

まあこれは体を動かせる人向けに作られたものだからしかたがない。

肝心の汗対策の成果だが、ほとんど無く会場が冷房が効いてたにもかかわらず車椅子の背中のクッションがビショビショになってしまった。

やはり背中に多少隙間が出来たくらいでは汗対策の効果は期待できないということか・・・

腰当てのようにクッションから背中を浮かせる物を背中クッション全体に付ければ効果があるかもしれない。

具体的には今の車用クッションの腰当ての上にメッシュクッションを二つおくとか。

それか、背中の汗は防げないものとして背中のクッションの上にあらかじめバスタオルを敷いておき汗がしみこんだらバスタオルを交換するとか。

車椅子に乗るたび妻にクッションカバーの洗濯を頼むのも悪いので何とかしたいのだが・・・

|

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »