« 車椅子の背中の汗対策 | トップページ | スマホの機種変更 »

ICT支援技術研修会

昨日の体育の日かがわ総合リハビリテーション福祉センターで行われた「ICT支援技術研修会」に、私が所属している日本ALS協会香川県支部も協力しているので、支部長夫妻と共に参加してきた。

この研修会では文字盤や口文字のローテクを使ったコミュニケーション方法やパソコンやiPhoneを使ったハイテクのコミュニケーション方法まで講義が行われるが、実際に活用している患者の立場で文字盤の読み取り実践やパソコン操作を見てもらう形で協力した。

Kimg0812

Kimg0816


昼休みに車椅子を移動させたさいACアダプターのコードを引っ張ってしまったのか断線し、オペレートナビを操作するタッチスイッチが作動しなくなってしまった。

幸い別のACアダプターがあったので午後からのパソコン操作(オペレートナビ操作)披露には間に合った。

パソコン関係のトラブルは他にもあり視線操作の講義の時私は視線入力装置4Cを接続したのだが、どうもこのUSB接続が安定しない。

まあイーモバイル(現Ymobile)のデータカードを買ったときおまけで付いてきたLenovoだから品質はこんなものかもしれない。

ほぼ毎月車椅子に乗る機会があるし、そろそろ日本製ノートパソコンを買い時かもしれない。

トラブルといえば車椅子の呼吸器台が落下し外部バッテリーが載せられなくなってしまった。

幸い外部バッテリーは台車に載せることで事なきを得た。

研修会の話に戻るが、今回iPhoneというかiOSの福祉機器としての完成度に驚いた。

標準仕様で専用インターフェイスが必要とはいえ1スイッチで操作出来るようになっているなんて!

このiOSの話を聞いて思ったのだが、米国では誰でも操作出来るように国が制度で規制しているのだとしたら、GoogleのAndroidにも同様機能があるのだろうか?

そういえば今までこの種の研修会ではiOSの話ばかりでAndroidの話を聞いたことが無かった。

もしかしてタックスヘイブンやケイマン諸島の関係のせいだろうか?でもそれならアップルもだしな・・・

今度Androidのことも聞いてみようと思う。

Kimg0828

|

« 車椅子の背中の汗対策 | トップページ | スマホの機種変更 »

うまげなPC&Web」カテゴリの記事

うまげな独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 車椅子の背中の汗対策 | トップページ | スマホの機種変更 »