« OJT | トップページ | iPS細胞を使った治療研究計画 »

クローズアップ現代「追跡 再生医療トラブル~体性幹細胞治療の闇~

昨夜放送されたNHK総合『クローズアップ現代「追跡 再生医療トラブル~体性幹細胞治療の闇~」』を録画して観た。

番組表で「再生医療」という気になるワードと、「体性幹細胞治療」という聞き慣れないワードを目にし、興味を持ったのだ。

番組内容は、再生医療のひとつに「体性幹細胞治療」がある。まだ研究段階で効果がはっきりしないため、欧米をはじめ美容整形で有名な韓国でも、人に対する治療は法的に認められていない。しかし、日本では法的規制が無く、費用を全額患者が負担する「自由診療」において、医師の裁量の元全国のクリニックで実施され副作用などトラブルが起きている。そのため法整備の動きがあるというものだった。

iPS細胞もそうだが、何故か美容整形分野で実用化が早い。やはり金になるからだろうか・・・体性幹細胞も豊胸手術等の美容整形に使われているらしい・・・

美容整形の件は正直私にはどうでもいい話だが、実際にALS患者のKさんが体性幹細胞治療を受けているのは、とても興味がある。

いったいいくらかかる?効果は?

Kさんでなくても、機会があり自由診療の費用がまかなえるなら、多くの難病患者がこの治療法を受けるだろうと思う。例え研究段階の治療法でもかまわない。むしろ、進んでモルモットになりたいと考える患者が多いかも知れない。

それこそ藁にもすがりたいのだ。

とはいえ、知識も技量も無いのに体性幹細胞治療を行うクリニック(医師)があるのも事実。

もしもこのような輩が重大な医療事故が起こしたとしたら、再生医療全体をストップするような世論が出てくる事態になりかねない。

我々難病患者から一縷の望みを絶つことにもなりかねないが、やはりある程度法的規制は必要なのかもしれない。

|

« OJT | トップページ | iPS細胞を使った治療研究計画 »

うまげなエンタメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« OJT | トップページ | iPS細胞を使った治療研究計画 »